タンフォード大学のスピード感は流石

 

スタンフォード大学のBalaji Srinivasan氏

Dan Boneh氏は新たにビットコインエンジ

ニアリングコースを今年からスタートさせた。

http://cryptocurrencymagazine.com/bitcoin-engineering-course-at-stanford-university

ダウンロード

 

スタンフォード大学といえば

世界の頭脳と呼ばれる若き才能が集まる

超一流大学。

 

シリコンバレーにあるのですが

 

ダウンロード (1)

シリコンバレーといえば
Google、Apple、intel、Yahoo!、Twitter、Facebook

など名だたるIT企業の本社が集まっている・・・。

まさに「イノベーションの聖地」

なぜシリコンバレーに集まるのか?

 

それは

スタンフォード大学の卒業生

「世界で最も優秀な人材」をいち早く確保できるからです。

 

そんなスタンフォード大学の経済学研究所

興味深いデータが発表されました。

 

「20年後の就職先のうち6割がまだ誕生していない企業」

だというのです。

 

今1歳の子が20歳で就職する時に選ぶ会社がまだ

この世の中に存在してなくて且つその割合が60%

を占めるそうです。

 

そんなバカな!とお思いでしょうけど

20年前にGoogleやFacebook、楽天、ソフトバンクなど

ありましたか?

 

つまり現実的にあり得る数字なのです。

そしてその変革が恐ろしいまでの変化を

もたらします。

 

なにせ60%という事は今の生活の半分以上の

ライフスタイルが変化する可能性を意味しています。

ダウンロード (2)

世界の経済を動かすとも言われている

世界最高峰の研究機関

スタンフォード大学経済研究所が

『ビットコインエンジニアリングコース』

なる学部を立ち上げた事は世界の頭脳たちが

仮想通貨を推進しているという事。

 

 

そしてそこに将来性を感じ

若き才能を教育し、新しい世の中の中心となって

世界経済を今後もリードしていくでしょう。

さすがのスピード感です。

スピードは命!!